fc2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。

WBC2023 ザ・ファイナル

wbc2023 final (3)

ぼちぼち録画物を消化していくよ(アニメとかはなんも観れてません


手始めに大晦日にやったWBC特番を。
擦り続けた2023年の総決算。7時間弱を生放送は正気の沙汰じゃない。

けど、始まったら観ちゃうんだよなぁ。
第1回大会からのダイジェストだって飽きるほど浴びてるのに(笑)


映像ソースは中継&ドキュメンタリー映画をベースにしていたので、
合間の新録インタビューが見所でしょうか。
数秒とはいえ、アロザレーナにまで取材してるのは凄い。

もちろん、ヌートバーも相変わらず献身的。
クラッシュロワイヤル無課金勢からの、オカンと一緒に朝5時から生出演は頭が下がる。


その中で、最大風速(ハイライト)となったのは…
イチロー&ダルビッシュ対談でした(対談とは言ってない





wbc2023 final (2)wbc2023 final (4)

ゲスト川崎「イチローさんのインタビューを聞くためだけに来た」


蓋を開ければ、イチローが単独インタビューされた映像をダルビッシュが視聴→中居と対談という、
ちょっと大人の事情が見え隠れする、フクザツな構成でしたけど^_^;


ただ、まさかこのタイミングでイチローが例の発言を掘り下げるとは(笑)

「どう感じたかはイチローさんの考え方なんで、僕はどうも思わない」と言いつつ、明らかに効いている。
まさに「全部自分に返ってくるんやで」のお手本。


イチローからしたら、“継承”してほしかったんですよね。

WBCの価値が低いのなんか百も承知で、自分が価値あるモノに変えるためにギラギラをぶつけた。
そうして高めていった(高めていかなければならない)モノに、わざわざSNSで腐す発言をした。

そりゃあ、「哀しい」って言われますよ。
イチローのみならず、他の参加メンバーにも内心ガッカリした人もいるでしょう。

今回嬉しかったからこそ、哀しみも伝えたかったのだと思う。



とはいえ、ダル自身も100%本心ではなかったと思います。

第3回大会を辞退した際の反射的な部分もあるし、
アメリカでの認知度の差にショックを受けた裏返しとも理解できる。


だからこそ、今回は率先して参加表明したのでしょう。

要はただの逆張りレスバトラーなので良くも悪くも深い意味はない(笑)
その姿勢が魅力でもあり、大人になれと諭される理由じゃないかと。



それでも近年はだい~ぶ丸くなった…
と思いきや、まーた火が付いた(佐々木労希ポスティングに関して


正直、イチローが大谷をどう思ってるかとか聞いてみたかったですけどね。

それより率先して、お灸を据えたかったのかもしれない(笑)


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村 ←バナーまで打て、巨人(キリッ

スポンサーサイト



テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/4964-a7a2a392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)