FC2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。転換期

GOSICK―ゴシック― 第11話 「そのドリルは雄弁に愛を語る」

gosick 11 (2)

ドリルの ちょっとイイ話

サブタイ通りグレヴィールの素顔が垣間見える「GOSICK―ゴシック―」第11話の感想。
よくもヴィクトリカを泣かせたな、絶対に許さない!

・・・というか公式で「ドリル」なんだ(笑)





学園に客人がやってきた。それは、先日ブロワと親しそうにしていた警視総監夫人のジャクリーヌだった。案内を任された一弥は、ついつい天真爛漫なジャクリーヌのペースに巻き込まれて図書館へ。
そこで、ヴィクトリカに出会ったジャクリーヌは、数年前、殺人事件の容疑者にされたことを打ち明ける――。(公式サイトより)



gosick 11 (3)

のっけからいきなりヴィクトリカ祭りだあああああああ(暴走)

突然の見知らぬ来訪者に驚き慌てる様子がまた可愛いですよね。
まさしく引きこもりらしい反応といいますか(暴言)
こ、こわくなんかないーぞー、ばかくじょーもいるーしーい~ぃ↓

えっ、あらすじについて説明しろって?
↑みればだいたい分かりますよ(小学生並の手抜き)


gosick 11 (4)

「ジャクリーヌ、きみ元気がないね」

数年前、殺人事件の容疑者にされたことを語り出すジャクリーヌ。
その回想で若き日の(というかドリルになる前の)グレヴィーヌが登場するわけですが、ってなんだこの二枚目は。
彼は幼い頃よりジャクリーヌを懸想していたようですが、当の彼女はその気持ちには気づかないようで。
今では警視総監の妻としてお転婆な日々を過ごしているようです。

自分の想い人の夫が上司か・・・・なるほど、ドリルが毎日事件解決に躍起になる理由もこれで納得です。
考えてみれば男が人妻に恋を抱く展開はフランス文学ではよくあること(だよね?)



ちなみに過去の事件について特に面白みもない話なのでスルーします(安定)
一つ言わせてもらうなら、腕に鏡文字が浮き出たらオカルトの可能性を考えるより真っ先に妻を疑うべきなのでは?

この世界の警察いくらなんでも考えること放棄しすぎだろ・・・・


gosick 11 (5)

「人間なら誰しも当たり前に思いつくそんなことすら・・・」

いつもと違いヴィクトリカと直接会話をするグレヴィール。
ジャクリーヌの容疑を晴らすことと引き換えにドリルとなった髪型。
しかしそれ自体はどうってことない。問題はそれしか兄を苦しませることを知らなかったヴィクトリカのこと・・・・

兄が妹に向けた眼差しは、嘲りか、それとも哀れみか。
身も蓋もない言い方をすれば「どんなに知識人を気取ってもお前は人間の心を理解してない欠陥品だm9(^Д ^)pgr」ということなわけですが、わざわざそれを伝えるグレヴィールの真意はどこにあるのでしょうね。
とりあえずヴィクトリカを泣かせた時点で重罪だけど。絶対に許さない!(2回目)


gosick 11

「持つべきものは幼馴染だわ、か・・・・」

そんなわけでオチだけ切り取ればちょっぴりほろ苦いエピソードだったわけですが・・・・
妹に対するグレヴィールの複雑な気持ちが読めない分、どこかしこりを残すお話でしたね。
この辺の心理描写はやはり原作だともっと細かく描かれてるのかなぁ。
なんにせよヴィクトリカを泣かせたのは絶(ry

あ、回想シーンのジャクリーヌは可愛かったです。これは不意打ちでした。



サブタイを目にした時はどちらかというとギャグ回を連想しましたが。
蓋を開けてみればなかなか重い話でしたね。
なんとなく先行きの暗い展開になりそうだけど、どうなるんだろ。

愛を知らないヴィクトリカ。
それを教えることができるのは帝國軍人の三男、キミだけだ!

スポンサーサイト



テーマ:GOSICK-ゴシック- - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

>この世界の警察いくらなんでも考えること放棄しすぎだろ・・・・

どっちかと言うと、オカルトを信じている人間があちらこちらで
「知ってる~あの女人殺しなんだって~」
「え~人殺したのに平気な顔して警視総監に嫁ぐつもりなの~」
的な噂話をあっちこっちでしていたことが問題だったのです。
・・・まあ、「信じている人間」の中には警官も居たのでしょうが、それは時代とお国柄の問題ですからねえ。

ヴィクトリカとグレヴィールの関係は結構複雑ですが、割と端的に表現しているのは二人の幼少期の思い出でしょうか。

グ「妹の様子が気になって毎日顔を見せていたが、その度に酷い意地悪をされて追い返された」
ヴ「あの男がね、用もないのに毎日毎日やってきて、私をじっと見ているのが気味が悪くて仕方なかったのだよ」

こんな感じ。ずっと昔から、この兄妹はすれ違いっぱなしなんですよねえ。

  • 2011/04/03(日) 11:29:17 |
  • URL |
  • 原作既読 #HFRZROzs
  • [ 編集 ]

>原作既読 さん

コメントありがとうございますm(__)m
貴重な情報、楽しく拝見させてもらってます。

たしかに警視総監の妻ともなる女性が犯罪の容疑にかけられていたらそちらに注目してしまうかもしれませんね。
だから真犯人はそこを上手く利用して罪から逃れようとした、と。
って考えてみるとそれらしき意図がうかがえる描写もあったような気がしないでもない・・・かな?

>二人の幼少期の思い出

ぜひアニメ版でもその描写はやってほしいですねぇ。
最終的に兄妹のわだかまりが解けることを望みます。

  • 2011/04/03(日) 14:28:23 |
  • URL |
  • SOA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/621-3148fd66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GOSICK -ゴシック- 第11話 「そのドリルは雄弁に愛を語る」

ジャクリーヌが学園の図書館にやって来る。 最上階の植物園に居たヴィクトリカは人形になりすまします(苦笑) 黙ってれば可愛い人形に見えるけど、抱いた時点で気付こうよ(^^; 天然なジャクリーヌさん...

  • 2011/04/06(水) 00:27:16 |
  • SERA@らくblog

GOSICK -ゴシック- 第11話 「そのドリルは雄弁に愛を語る」

「灰色狼め、彼女に余計な事を喋っていたら  たとえ父上が何と仰ろうと、決して許さん」 グレヴィールのドリルの秘密が明らかにw 代償を払ってまでグレヴィールが解決したかった事件とは――    【第...

  • 2011/04/03(日) 13:33:41 |
  • WONDER TIME

GOSICK―ゴシック― 11話『そのドリルは雄弁に愛を語る』 感想

飢えたダチョウは階段を駆けあがる。

  • 2011/04/03(日) 12:21:39 |
  • てるてる天使

GOSICK第11話「そのドリルは雄弁に愛を語る」

今回はドリル警部のお話。 そしてこっちがドリルさんの片思いの相手であり、幼馴染。 彼女の飼いリス(笑) 名前はQなんとかさん。 昔のヴィクトリカさん。 目が怖すぎます。 久城と出会って変わったヴィクトリカ。 どうかこれからもニヤニヤさせてくださ...

  • 2011/04/03(日) 10:48:24 |
  • どっかの大学生の読書&ロッテ日記

『GOSICK -ゴシック-』#11「そのドリルは雄弁に愛を語る」

「ジャクリーヌを救いたいからだ! 彼女を愛しているからだ!!」 ブロワ侯爵からヴィクトリカを自由にさせるなと釘をさされるグレヴィール。 侯爵にはそれ以外の期待はされていないようで、 せっかくの名警部との名声も、侯爵にかかったら形無しですね~。 ふと、...

  • 2011/04/03(日) 10:41:40 |
  • ジャスタウェイの日記☆

GOSICK -ゴシック- 第11話 「そのドリルは雄弁に愛を語る」

 夢見がちな乙女のような顔はよせ。一弥はときどきかわいい顔しますね。

  • 2011/04/03(日) 07:31:04 |
  • つれづれ

GOSICK―ゴシック― 第11話 「そのドリルは雄弁に愛を語る」 感想

グレヴィールとジャクリーヌのすれ違い……切ないですね。 学園に客人がやってきた。 それは、先日ブロワと親しそうにしていた警視総監夫人のジャクリーヌだった。 案内を任された一弥は、ついつい天真...

  • 2011/04/03(日) 06:57:52 |
  • ひえんきゃく

「GOSICK-ゴシック-」第11話

  第11話「そのドリルは雄弁に愛を語る」学園に客人がやってきた。それは、先日ブロワと親しそうにしていた警視総監夫人のジャクリーヌだった。案内を任された一弥は、ついつい...

  • 2011/04/03(日) 06:21:37 |
  • 日々“是”精進!

第11話 『そのドリルは雄弁に愛を語る』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。 画像はクリックで拡大されます。 グレさんの髪型の秘密に迫る! いや‐、昔のグレさんはイケメンでしたねwやっぱ『金髪+白スーツ』の組み合わせはいいですなぁ。ただ、ちょっとここで問題が。こやつ、ヴィクトリカを泣か?...

  • 2011/04/03(日) 03:48:32 |
  • 冴えないティータイム

GOSICK ゴシック 第11話 そのドリルは雄弁に愛を語る

第11話のあらすじ セシルに呼ばれた一弥。そこには以前出会ったグレヴィールの知り合いであるジャクリーヌがいた。 図書塔に本を寄贈しにきたという彼女は、塔の中に入って大興奮。 一弥の制止も気にせず...

  • 2011/04/03(日) 03:45:55 |
  • crystal cage

『GOSICK‐ゴシック‐』第11話感想

グレ警部とジャクリーヌ。 警部の純愛。 殺人の嫌疑がかけられ、婚約を破棄しようと考えていたジャクリーヌ。 彼女を好きな警部は畏怖するヴィクトリアに解決を願い出る。 真相は誰にも告げずに、...

  • 2011/04/03(日) 02:02:54 |
  • シュミとニチジョウ

GOSICK 第11話

GOSICK 第11話 『そのドリルは雄弁に愛を語る』 ≪あらすじ≫ 聖マルグリット学園の図書館に蔵書を寄贈したいと申し出たのは、グレヴィールが何やら親しげにしていた女性・ジャクリーヌであった。 ジャ...

  • 2011/04/03(日) 01:50:52 |
  • 刹那的虹色世界

GOSICK-ゴシック- 11話

やはり幼馴染は負けフラグなのか。 というわけで、 「GOSICK-ゴシック-」11話 懸想の巻。 ジャクリーヌさんって警視総監の嫁さんだったのか。 てっきりドリル兄貴のフィアンセとか、そんなんだとば...

  • 2011/04/03(日) 01:19:42 |
  • アニメ徒然草