fc2ブログ

待て、而して希望せよ!

旧attendre et espérer(意味は同じ) アニメの感想や野球、日常の出来事を書き綴るブログ。

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第10話 「偽りの街角に君の微笑みを…」

DTB 10

物語も終盤。
見所も多くボリュームのある「DTB」第10話の感想。

レールガン同様、こちらも「過去」が重要とした話でしたね。






DTB 10-2


ママチェンコさんから告げられた事実にショックを受けた蘇芳(とジュライ)は美咲と行動を共にすることに。

その後再びママチェンコさんの元を訪れた美咲たちにより、話は8年前の回想シーンへ遡ります。

と、ここで生身の体を持ったころのマオキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
これはちょっと驚きましたね。
足首への異常な執着には笑ったw
残念ながらあらびきミンチさんになってしまいますが・・・・

で、この回想で明らかになったのは確かに蘇芳は8年前に死んだということ。
そうなると2年前の流星が堕ちてきた描写も捏造された記憶ということになりますが、これって物語にとって重要なトコですからねぇ。
今の蘇芳が一体いつコピーされた存在なのかが気になります。

余談ですが、先週映画を観たばっかりのせいかママチェンコさんの声がジュイスに聞こえて仕方がない件(中の人が同じなもんでw


DTB 10-3


一方、捕えた沢崎を尋問する黒。

下の画像にもある通り、沢崎はこの後惨い最期を遂げるわけですが黒がやったわけではないですよね・・・?
そうなると犯人は近くにいたマダムか、それとも妙に意味深な描写が続く弦馬か、それとも・・・

にしてもこの死体の描写はやたら凄惨というか・・・・
指とか全部折られてるし(爪も剥がされてる?)
葉月さんのキスとかツッコむ気にもなれなかったんだぜ。

あと、美咲が涙目すぎる。
顔見知りでも全く容赦しない黒さんは間違いなく黒の死神。


DTB 10-4


黒のコートにニット帽・・・できる男のファッションセンス。
でも正直このシーンは隣で眠りこけるジュライが面白かったw

蘇芳は完全に黒に入れ込んでしまったみたいですが、黒には銀がいるしどうしても明るい展開は望めそうにないのが何とも。
え、ストックホルム症候群
・・・・野暮なことはなしだぜw

最後に「グレンラガン」後半のニアみたいな姿の銀?が登場しましたが、不敵な笑みが気になるな。
ラスボスの風格を備えているというか。

銀(イザナミ)が契約者を殺せる能力を有しているというなら、契約者でない黒との対決は必至か。



それにしても監督ゥ・・・・本当にこのアニメはあと2話で終わりますか?
たしかに一期も終盤一気に詰め込んだ感じでしたけど、これはさらにその上をいくぞ・・・・


DTB 10-5


個人的ベストショット。
不覚にもキュンッとなってしまった。



スポンサーサイト



テーマ:DARKER THAN BLACK - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adria7.blog92.fc2.com/tb.php/64-324f903b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)